ステンレスオブジェ

後世に残る自社にしか出来ないモノを作る。

みんなが、凄いと思えるモノを作る。

みんなが、おもわず笑えてしまうモノを作る。

関心し、笑顔を生む事こそが、ワクワクを作り出し会社の未来を作り上げていく。

ステンレスオブジェ 松輝(マツカガヤキ)

株式会社アマダ主催

第25回優秀板金製品技能フェア 造形品の部 にて『金賞』を受賞致しました。

https://www.amada.co.jp/fair/awards/25th/zg01.html


有限会社大河内 前代表:山本晴久が製作

開発のきっかけ

誰にでも作れるものは作りたくはない。そう思い作品作りに専念。

一見簡単に作れそうにも思うが、植物は作りが細かく再現は難しい。一本一本の松葉をカタチにするだけでも果てしない時間と手間がかかる。その時間を惜しむことなく根気よく作品を作り上げる事こそがより良い作品を作る、そして自分らしい作品になる。

作品に松を選んだきっかけは「縁起がよい」から。製作当時当社の経営状態は決して順風満帆という訳ではなかった。この松に託す当時の父の心境も伺える。

創生の松

有限会社大河内が行う『継承モニュメント製作プロジェクト』

技を、知恵を後世に目に見えるカタチで残す!まさに原寸大のステンレス巨大松製作。

開発のきっかけ

原寸大の大きな松を作って欲しい。見えるカタチで会社の技術、そしてワクワクを後世に残す。それが今後の会社の方向性を示す。

有限会社大河内 現代表:山本真太朗が、父で前代表:山本晴久に製作を懇願し、2019年春着手を開始する。

三重県の地元紙『伊勢新聞』にも掲載頂く